FC2ブログ

ペンダントライト

ここでは、ペンダントライト に関する情報を紹介しています。




ハンス-アウネ・ヤコブソン氏がデザインしたデザイナーズ照明の逸品。北欧照明の定番です!

ヤコブソン・ランプは北欧のデザイナー、ハンス-アウネ・ヤコブソン氏がデザインした照明。

吟味され、じっくりと自然乾燥させた北欧産のパイン(マツ)材を薄くスライスした材料を活かしたデザインが特長で、長年にわたり同氏のデザインを代表する作品となっています。

薄いパイン材のセードを通してほのかな光の温もりが感じられ、人間味あふれる優しい仕上がりになっています。

。*:.。..。.:*・゚素敵ですね゚・*:.。..。.:*!!!☆
スポンサーサイト



【メーカーの解説】
イタリアを代表するデザイナー、アッキーレ・カステリオーニによるデザインのペンダントです。
フロストされたガラスの部分が、あたかもリングが空中に浮かんだように発光する美しい照明です。
ガラスセードのエッジ部にはセードどうしの接触に対してプロテクターとなるシリコンゴムのリングが施されています。




【てるくにでんきの解説】
ここ数年来、シンプルモダンなダイニング用の照明器具といえば、コレを指名されるお客様がダントツとい言えるほど人気のある照明です。白のクロスに映える清潔感あるクリアな灯体とランプ自体に反射塗装されたきのこ形状のクリプトンレフランプの組合せは絶妙です。

もう何台も設置させて頂きましたが、設置後のお客様の満足される表情を拝見するのがとても嬉しく思えます。

ただ、それほど満足度が高く価値ある照明なのですが、難点が一つ・・・。
それは・・・・ つづきはコチラ⇒⇒
英国人デザイナー、ジャスパー・モリソンのデザインは、頑固なまでの揺ぎ無い信念があります。よい製品とは、短いスパンではなく、何年たっても使い続けてもらえるような、謙虚で静かな、そして暮らしの中で便利な道具である、ということなのです。GLO-BALLも、徹底的にスンプルにこだわり、デザインをあまり感じさせませんが、正円でない丸いグローブに光が灯った時、その大きな白い光の塊は、何とも言えない人間的な暖かさと優しさで私たちを魅了します。



【てるくにでんきのお話】
GLO-BALLと言えば、ペンダントを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はシーリングライトやフロアライトなど、多彩なシリーズが用意されているトータルコーディネイトし易い照明です。

とはいえ、やはりペンダントに人気が集中しているのも事実です。なぜかと言えば・・・